慢性疲労を解消しよう~カラダスッキリサプリ~

栄養補助食品

関節痛や乾燥肌に効く成分

サプリメント

グルコサミンとの違い

関節痛や乾燥肌に効果があるだけでなく、最近では美容の方面でも注目されているn-アセチルグルコサミンですが、そもそも普通のグルコサミンと何が違うのか、わかりにくいという現状があります。基本的に、グルコサミンもn-アセチルグルコサミンも、軟骨の修復や肌の潤いといった作用をもたらしますが、グルコサミンは腸内で分解されることで、はじめて体内に吸収されるのに対して、n-アセチルグルコサミンは成分がダイレクトに吸収されるという違いがあります。そのため、n-アセチルグルコサミンの効果は普通のグルコサミンの3倍以上とされています。ちなみに、注射により関節痛緩和に使われているヒアルロン酸は、n-アセチルグルコサミンが主成分です。

ヒアルロン酸を補うために

加齢とともに深刻な症状として表われてくる関節痛に、ヒアルロン酸が有効とされていますが、その治療法は、注射による関節への補給という形が主流となっています。そのヒアルロン酸の主成分であるn-アセチルグルコサミンは、摂取することでヒアルロン酸を生成し、軟骨や関節液を補充することになるため、関節痛を緩和することができます。また、変形性膝関節症の改善にも効果があるとされ、医療方面でも注目されています。他にも、乾燥肌を改善し、美肌効果をもたらすn-アセチルグルコサミンは、カニやエビの甲羅に含まれていますが、さすがにそこから摂取するのは難しく、サプリメントで摂取するのが基本です。ただ、海鮮せんべいなどのお菓子で摂取するという方法もあります。